【英単語】cyberneticsを徹底解説!意味、使い方、例文、読み方

【英単語】cyberneticsを徹底解説!意味、使い方、例文、読み方

「cybernetics」の意味(noun)

品詞(英単語での分類):名詞

【機械や電子機器で情報が伝達される方法を科学的に研究し、これを脳や神経系で情報が伝達される方法と比較する】意味として使われています。

和訳:【サイバネティクス】

参考:「cybernetics」の例文一覧

例文
Developments in cybernetics should be openly debated with accountability to the public, especially for investment of public funds.
サイバネティックスの発展は、特に公的資金の投資について、国民への説明責任を持って公然と議論されるべきです。
例文
Most importantly, cybernetics was trumpeted as a universal science of government that would help to guide the social organization necessary for modernization.
最も重要なことは、サイバネティックスは、近代化に必要な社会組織を導くのに役立つ政府の普遍的な科学として宣伝されたことです.
例文
These grassroots ventures and speculative forays of biologists into the terra incognita of cybernetics certainly conveyed a growing interest.
これらの草の根の冒険とサイバネティックスの未知の領域への生物学者の投機的な進出は、確かに関心の高まりを伝えました。
例文
Ironically, while trying to show the limitations of man-machine metaphors, he himself borrowed the term feedback from the language of cybernetics .
皮肉なことに、人間と機械の比喩の限界を示そうとしている間、彼自身がフィードバックという言葉をサイバネティックスの言葉から借りてきました。
例文
This process has been discovered quasi-independently in many fields over the last century and has correspondingly many names, among them self-organisation, auto-poieisis and cybernetics .
このプロセスは、前世紀にわたって多くの分野で準独立して発見されており、自己組織化、オートポイエイシス、サイバネティックスなど、それに応じて多くの名前が付けられています。
例文
Although information theory and cybernetics did not work in molecular biology on the technical level in the 1950s, it did survive on the discursive level.
情報理論とサイバネティックスは、1950 年代の分子生物学では技術レベルでは機能しませんでしたが、言説レベルでは生き残りました。
例文
What is most remarkable, however, is that the discursive practice of information theory and cybernetics did survive despite that cognitive failure.
しかし、最も注目に値するのは、情報理論とサイバネティックスの言説的実践が、その認知障害にもかかわらず生き残ったことです。
例文
In cybernetics , a machine is defined as a system capable of accomplishing actions that lead to a certain goal.
サイバネティクスでは、マシンは特定の目標につながるアクションを達成できるシステムとして定義されます。
例文
Note, however, that circular causality and information were already key concepts of the cybernetics of the 1940s.
ただし、循環因果関係と情報は、1940 年代のサイバネティックスの重要な概念であったことに注意してください。
例文
Cybernetics was thus depicted as a pseudoscientific theory, a false philosophy, and an alien ideology at the same time.
このように、サイバネティックスは疑似科学理論であり、偽りの哲学であり、同時にエイリアンのイデオロギーであると描写されました。

「cybernetics」のネイティブ発音(読み方)を聞きましょう!

読み方は【ˌsaɪ.bəˈnet.ɪks】です。下記動画を聞きながらˌsaɪ.bəˈnet.ɪksを大声で発音しましょう

【絶対聞こう】アメリカ人が「cybernetics」の意味について解説】!


「cybernetics」の類語一覧です。順番に覚えましょう!

  • automation
  • artificial intelligence
  • automatic technology
  • autonetics
  • electronic communication
  • radiodynamics
  • robotization
  • telemechanics

「cybernetics」は複数の異なる意味を持った英単語です。それぞれの意味と使い方などを例文から解説しましょう!

英語 意味(和訳) 詳しく解説!
cybernetics 人工頭脳学、サイバネティックス uncountable (field of study)
cybernetic 人工頭脳学の、サイバネティックスの (of or relating to cybernetics)

cyberneticsの実際の意味・ニュアンス(サイバネティクス?サイバネティックス?人工頭脳?じんこうずのう?)を理解して、正しく使いましょう!

In China, the discipline was banned with semiotics, comparative linguistics and cybernetics as “Bourgeois pseudoscience” in 1952, not to return until 1979.
中国では、社会学は1952年に記号学、比較言語学、サイバネティクスとともにブルジョワ偽科学として禁止され、1979年まで復興しなかった。
On the other hand, cybernetics has developed functional human-machine interfaces, in which brain-computer interfaces process brain waves to control electronic prostheses, such as bionic extremities and even wheel chairs.
他方、サイバネティクスの分野では、脳コンピューターインターフェースによる脳波の処理によって人工の手足などの電子補綴物や車椅子を制御して特定の機能を果たすヒューマンマシンインターフェースが開発されている。
Norbert Wiener’s cybernetics described control and stability in electrical networks.
ノーバート・ウィーナーのサイバネティックスは、電気ネットワークにおける制御と安定性を扱っていた。
Today, I believe, we must broaden our thinking by including cybernetics experts.
今日、私は、サイバネティックスの専門家を含めることによって、私たちの思考を広げる必要があると信じています。
The whole story summarizes the increased importance that the electronic warfare are taking in a global governed by cybernetics.
全体的な話は、電子戦は、サイバネティックスによって支配グローバルに取っているの増加の重要性をまとめたものです。
In the 1970s, Karl Deutsch came to West Germany, and his cybernetics inspired work has been widely influential there as elsewhere.
1970年代には、カール・ドイッチュが西ドイツを訪れ、サイバネティックスに示唆を得た彼の業績が、他の地域同様ドイツでも広く影響を与えた。
Superorganisms are important in cybernetics, particularly biocybernetics.
超個体はサイバネティックス、特にバイオサイバネティックス(英語版)において重要である。
The faculty trains experts according to educational-qualification programmes “Accounting and Audit” and “Economic cybernetics“.
教員は、教育・資格プログラム会計監査と経済サイバネティックスに応じて専門家を養成します.
This lecture is based on my experience with my work in pure and applied mathematics, neurophysiology, cell biology and cybernetics.
続きを読む 講演要旨 1.この講演は、純粋数学と応用数学、神経生理学、細胞生物学、サイバネティックスにおける私の研究活動の経験に基づいております。
This can also be seen as an example of applying the cybernetics (supplemental explanation) advocated by Norbert Wiener to software development.
これは、ノーバート・ウィーナーが提唱したサイバネティックスをソフトウエアの開発に適用した例と言えるでしょう。
Investigating into fields such as cybernetics, ecosystem thinking, counter culture, and Marxism, he is involved with projects that deepen the understanding of how these “problem systems” relate to design, media, and art.
サイバネティクス、生態系主義、カウンターカルチャーやマルクス主義、セルフデザインといった問題系とデザイン、メディア、アートがいかに関わるかについて思考を深める様々なプロジェクトに従事する。
Members | OIST Groups Dr. Tom FROESE, Assistant Professor E-mail: Tom is a cognitive scientist with a background in computer science and cybernetics.
Members | OIST Groups トム・フロース博士、准教授 メールアドレス: フロース氏はコンピューター科学とサイバネティクスにバックグラウンドを持つ認識科学者です。
This paper will discuss the notion of plasticity as it is articulated by the term ‘underspecification’ in Gordon Pask’s cybernetics, by the forms and practices of machine learning and by anarchism.
この講義では、ゴードン・パスクのサイバネティクス論における不完全指定理論(Underspecification)、機械学習の形式と実践、そしてアナキズムの3点から分節化された概念として、可塑性の概念を論じる。
Further research is necessary to fully explore the potential applications of merging of synthetic biology and cybernetics but the authors hope that in the future devices based on this design could allow patients with locked-in syndrome to self-administer pain-relieving drugs.
合成生物学とサイバネティクスの融合による応用可能性を十分に調べるためには、さらなる研究が必要だが、Fusseneggerたちは、将来この設計に基づいたデバイスの利用により、閉じ込め症候群の患者による鎮痛薬の自己投与が可能になることを期待している。
In the 1930s, Talcott Parsons (1902-1979) developed action theory, integrating the study of social order with the structural and voluntaristic aspects of macro and micro factors, while placing the discussion within a higher explanatory context of system theory and cybernetics.
1930年代には、タルコット・パーソンズ(1902年-1979年)が行為理論を発展させ、社会秩序の研究をマクロ要因やミクロ要因の構造的・自発的な面の研究と統合させ、また一方では、この議論をシステム理論とサイバネティクスの高度に説明的な文脈の中に位置づけた。
It was a common topic among the members of the Ratio Club, who were an informal group of British cybernetics and electronics researchers that included Alan Turing, after whom the test is named.
レイショウ・クラブは、イギリスのサイバネティクス・電子工学研究者による非公式の研究者グループであり、チューリングテストの名前の由来であるアラン・チューリングもメンバーの一人だった。
PRP Channel, whose logo, among other things, is a bridge where travelers meet in the world, thanks the author for this valuable research that has national value for the ideas it offers in favor of the protection of our cultural heritage and hopes for an evolution cybernetics through the development of APP for the dissemination of new and larger tourist itineraries, also utilizing the available GIS information.
PRPチャンネルところで、誰のロゴは、彼らが世界で旅行者を満たすブリッジが、私は私たちの文化遺産の保護のために提供し、進化を期待しているのアイデアへの国家的な重要性を持っているこの貴重な研究のために作者に感謝したいです利用可能なGIS情報を利用して、新規かつ大規模な旅程の普及のためのAPPの開発を通じて、サイバネティックスを構築する。
These circumstances are well explained in treatises on communication between science and the imagination of contemporary literature from the viewpoint of cybernetics, chaos, quantum physics, and forefront technology such as “The Soft Machine: Cybernetic Fiction” (1985) by David Porush, “Chaos Bound” (1990) by N. Katherine Hayles, “Fiction in the Quantum Universe” (1992) by Susan Strehle and “Postmodern Sublime” (1995) by Joseph Tabbi.
実際、そのあたりの事情は、デイヴィッド・ポラッシュの『サイバネティク・フィクション』(1985 ペヨトル工房) をはじめとして、キャサリン・ヘイルズの『Chaos Bound 』(1990)、スーザン・ストレルの『Fiction in the Quantum Universe 』(1992)、あるいはジョゼフ・タビーの『Postmodern Sublime』(1995)といった、サイバネティクスからカオス理論、量子物理学、最新テクノロジーの観点から現代文学の想像力と科学との交通に関する優れた研究書が詳説してくれている。
Economic Cybernetics (Bachelor’s/Master’s Degrees) At our University you can obtain knowledge of existing and emerging technologies.
経済サイバネティクス (学士/修士号) 私たちの大学では、既存および新興技術の知識を得ることができます.
The Faculty of Accounting, Audit and Economic Cybernetics (founded in 1966).
会計学部, 監査と経済サイバネティクス (年に設立 1966).

人気急上昇中英単語一覧

最新投稿英単語一覧