【英単語】copticを徹底解説!意味、使い方、例文、読み方

【英単語】copticを徹底解説!意味、使い方、例文、読み方

「Coptic」の意味(adjective)

品詞(英単語での分類):形容詞

【現在エジプトとエチオピアに本拠を置くエジプトの古代キリスト教会のまたは関連】の意味として使われています。

和訳:【コプト語】

例文
a Coptic monastery
コプト修道院

「coptic」のネイティブ発音(読み方)を聞きましょう!

読み方は【ˈkɒp.tɪk】です。下記動画を聞きながらˈkɒp.tɪkを大声で発音しましょう

【絶対聞こう】アメリカ人が「coptic」の意味について解説】!

「coptic」は複数の異なる意味を持った英単語です。それぞれの意味と使い方などを例文から解説しましょう!

英語 意味(和訳) 詳しく解説!
Coptic コプト語 (Afro-Asiatic language)
Coptic コプト人の、コプト教徒の (relating to Copts)

2023版〜語彙力を強化したいなら!「coptic」に関するの他の意味にも勉強しましょう

英語 意味(和訳) 詳しく解説!
Coptic コプト語の (relating to Coptic language)

copticの実際の意味・ニュアンス(コプト語?コプトご?コプト人の?コプト語の?)を理解して、正しく使いましょう!

Almost all native authors wrote in this dialect of Coptic.
コプト語を母語とする著述家のほとんど全てが、この方言で記述した。
Out of the rest 8-9 millions are Coptic Christians.
残りの8-9百万はコプト語のキリスト教徒です。
Sahidic (also known as Thebaic) is the dialect in which most known Coptic texts are written, and was the leading dialect in the pre-Islamic period.
サイード方言(Sahidic, かつてはテーベ方言 (Thebaic) と呼ばれていた)は、コプト語の文献に用いられている方言で最も有名なもので、イスラーム期以前には最も勢力のある方言であった。
Greek, which was then the language of the Church, is much used, with the Coptic.
当時の教会の言語であったギリシア語が、コプト語と並んで良く使われていた。
He was fluent in both Coptic and Greek, and was fairly well acquainted with Greek thought and theology.
彼はコプト語とギリシャ語の両方に堪能であり、かなりよくギリシャの思想と神学に精通していた。
Possibly the bad meaning of the Coptic reading of “Khufu” was unconsciously copied by the Greek and Roman authors.
コプト語のクフの読みにある良くない意味合いが、ギリシア人とローマ人の著作家に無意識のうちに影響を与えたかもしれない。
These words are also lacking in most Greek manuscripts but just like the words in verse 5 FNns most of the old Latin manuscripts, the Vulgate, and in some ancient Syrian and Coptic versions.
これらの言葉は、ほとんどのギリシア語写本に欠けているが、ちょうど詩の単語5 FNns古いラテン語原稿のほとんどを、流布本のような、そしていくつかの古代シリアやコプト語のバージョンにしています。
Athanasius Kircher (1601-1680) was the first in Europe to realize that Coptic was a direct linguistic descendant of ancient Egyptian.
アタナシウス・キルヒャー(1601-1680)はコプト語が古代エジプト語の直系の言語学的子孫であることに気付いた最初のヨーロッパ人であった。
A complete version in Coptic (an Egyptian language derived from the Greek alphabet) was found at Nag Hammadi, Egypt in 1945.
コプト語(エジプトの言語でギリシャのアルファベットが由来している)の完全な文献は1945年エジプトのナグ ハマディから発見されました。
Another hint to Khufu’s bad reputation within the Greek and Roman folk might be hidden in the Coptic reading of Khufu’s name.
このようなギリシア人とローマ人の間に広まっていたクフの悪い評判の別の手がかりは、クフの名前のコプト語文書にあるかもしれない。
The Coptic reading derives from a later pronunciation of Khufu as “Shufu”, which in turn led to the Greek reading “Suphis”.
後にコプト語の読みではクフ(Khufu)の発音がシュフ(Shufu)となり、それがギリシア語文書に登場するスフィスに繋がった。
As more and more identifications of Saint Shenoute’s literary works are made, his contribution to Coptic literature appears to be even greater than previously assumed.
聖シェヌーテの文学作品のより多くの識別が行われると、彼のコプト語文学への貢献は、従来想定されていたものよりもさらに大きいということが判明した。
The Alexandrian text-type is the form of the Greek New Testament that predominates in the earliest surviving documents, as well as the text-type used in Egyptian Coptic manuscripts.
アレクサンドリア型は、現存する最初期の新約聖書のギリシア語写本において最も多く見られる型であり、エジプトのコプト語写本で使われているテキスト型でもある。
During the 200s AD, the writings were translated into Latin, Coptic (Egypt) and Syriac (Syria) and widely this time, at least 21 of the writings were considered canonical.
紀元200年代、新約聖書はラテン語、コプト語(エジプト)シリア語に翻訳され伝播し、この頃既に、少なくとも21文書が聖書と認められていました。
During the 200s AD, the original writings were translated from Greek into Latin, Coptic (Egypt) and Syriac (Syria), and widely disseminated as “inspired scripture” throughout the Roman Empire (and beyond).
紀元200年頃、新しい契約の全巻はギリシャ語からラテン語、コプト語(エジプト)とシリア語、に訳され、”霊の言葉”としてローマ帝国はもとより広範囲に亘り流布しました。
Later, The Gospel of Thomas, the content of which is very similar to Q Source, was found in Coptic manuscripts, which had been discovered in Nag Hammadi on the Upper Nile in 1945.
その後、1945年にナイル川上流のナグハマディで発見されたコプト語の古文書の中に、Q資料に極めて近い語録集『トマス福音書』が含まれていたため、この仮説が実証された形になった。
And some of these differences are significant. Factor in roughly ten thousand manuscripts of the Latin Vulgate, add the many other ancient variants (i.e., Syriac, Coptic, Armenian, Georgian, Ethiopic, Nubian, Gothic, Slavonic), and what do we have?
4およそ一万にわたるラテン語ウルガタ聖書、それに加えその他多くの古来の異文(古代シリア語、コプト語、アルメニア語、グルジア語、エチオピア語、ヌビア語、ゴート語、スラブ語)を合わせれば、一体どれほどの量になるのでしょうか?多くの写本 多くの写本はその内容が一致せず、そこにはしばしば矛盾が見出だされます。
Message from Minister for Foreign Affairs Seiji Mahehara on a bombing attack in Alexandria, Egypt January 4, 2011 Japanese A bombing attack killed and injured citizens in front of a coptic church in the northern city of Alexandria on January 1.
1月1日(土曜日),エジプト北部アレキサンドリアのコプト・キリスト教会前において,多数の死傷者を伴う爆破攻撃が発生しました。
Visit Coptic churches, cathedrals and monasteries to discover another side of Egypt.
コプト教の教会や大聖堂、修道院を訪れると、エジプトの別の側面が見られます。
After touring the Coptic diocese in Cairo, the international conference came to a close.
以上、こうしてカイロのコプト教会地区の見学を終えて、当国際会議の全日程が終了したのであった。






人気急上昇中英単語一覧

最新投稿英単語一覧