【英単語】barmaidを徹底解説!意味、使い方、例文、読み方

【英単語】barmaidを徹底解説!意味、使い方、例文、読み方

「barmaid」の意味(noun)

品詞(英単語での分類):名詞
イギリス

【バーで飲み物を出す女性】意味として使われています。

和訳:【女性のバーテンダー】

参考:「barmaid」の例文一覧

例文
The same people grumble to the grocer and his staff about a ½p increase on a pound of butter but tip the barmaid every time they buy a drink.
同じ人々が食料品店と彼のスタッフに不平を言い、バター 1 ポンドにつき約 0.5 ペンスの値上げをしますが、飲み物を買うたびにバーテンダーにチップを渡します。
例文
They number about 1,500, 900 of whom are part-time—mostly barmaids, barmen, hotel staff and cleaners.
彼らの数は約 1,500、900 人で、そのほとんどがバーテンダー、バーテンダー、ホテルのスタッフ、清掃員です。
例文
These groups mainly target people in lower-income categories on the pretext of employment as waitresses, barmaids, charwomen or au pairs.
これらのグループは主に、ウエイトレス、バーテンダー、店員、またはオペアとしての雇用を口実にして、低所得層の人々をターゲットにしています。
例文
Is the barmaid , or barman, particular about personal hygiene.
個人の衛生状態に特に気を配っているバーテンダーまたはバーテンダーです。
例文
We were gulled into thinking that, like the barmaid’s baby, the contributions were very small and would not grow.
私たちは、バーテンダーの赤ちゃんのように、貢献は非常に小さく、成長しないだろうと考えさせられました.
例文
I say that it is no place for barmaids; it is a place for barmen, not for barmaids.
バーテンダーの居場所ではないと私は言います。バーテンダーのための場所であり、バーテンダーのための場所ではありません。
例文
He says the barmaid and barman are special employés regulated by special haw and are not shop assistants, and cannot join the union.
彼によると、バーテンダーとバーテンダーは特別なホーによって規制された特別な従業員であり、店員ではなく、組合に参加することはできません.
例文
The great standard case is that of the man who is getting £4 a week, and his wife, a barmaid , is drawing benefit.
優れた標準的なケースは、週に 4 ポンドを稼いでいる男性のケースで、彼の妻であるバーテンダーは利益を得ています。

「barmaid」のネイティブ発音(読み方)を聞きましょう!

読み方は【ˈbɑː·meɪd】です。下記動画を聞きながらˈbɑː·meɪdを大声で発音しましょう

【絶対聞こう】アメリカ人が「barmaid」の意味について解説】!

「barmaid」は複数の異なる意味を持った英単語です。それぞれの意味と使い方などを例文から解説しましょう!

英語 意味(和訳) 詳しく解説!
barmaid 酒場女、酌婦 US (woman who serves drinks)
barmaid ウエイトレス UK (woman who serves drinks behind a bar) ( バーの )
I asked the barmaid for a pint of bitter.
私はバーテンダーにビターを一杯頼んだ。

barmaidの実際の意味・ニュアンス(バーテンダー?女給?ホステス?酌婦?)を理解して、正しく使いましょう!

Born in Reading, Berkshire, England, Kate Elizabeth Winslet is the daughter of Sally Anne, a barmaid, and Roger John Winslet, a swimming pool contractor..
レディングに生まれます, バークシャー, イギリス, ケイト・エリザベス・ウィンスレットは、サリーアンの娘です , 女性のバーテンダー, そしてロジャージョン・ウィンスレット, スイミングプール業者..
During dinner she offered to other diners their food giving birth to a natural comparison, discussion and comparison on the ability to produce or preserve the various typical products. In ciddari it was absolutely forbidden for women, except for the owner of the winery, the barmaid, who was respected by all.
夕食の間に彼女は自分の食べ物は、自然に出産他の客に提供しました 比較, 様々な地元の製品を生産するか、維持する能力に関する議論との比較. ciddariでは、それは絶対に女性のために禁止されました, セラーの所有者を除き、, バーのホステス, すべてから尊敬された人.
Early Doors at The Lowry Could they write a script that would live up to the warmth, humour and unrivalled one-liners of its TV show predecessor? It was a challenge and a half – but one they have truly conquered with aplomb. Like the show, it revolves around hangdog pub landlord Ken and his battles with the women in his life – barmaid Tanya and battle-axe mum Jean.
あまりにも多くの水が橋の下を通過しました? ローリーでの初期のドアは彼らが暖かまで住んでスクリプトを書くことができます, ユーモアとそのテレビ番組の前身の追随を許さないワンライナー?しかし、彼らは本当に冷静で征服してきた1 - それは挑戦と半分でした. ショーのように, バーのホステスターニャと戦闘斧ママジャン - それはhangdogパブの地主ケンと彼の生活の中で女性との彼の戦いを中心に展開します.
Although he was living together with a woman named Hatsue (Sato Tamao), he tried to commit double suicide with a bar maid (Shumon Mizuho) he was not even close to.Only the barmaid loses her life.
初枝(さとう珠緒)という同棲相手がいながら、深い仲でもないカフェの女給(朱門みず穂)と心中を計り、結果その女給だけが命を落した。
She also got the occasional part on Radio Leeds and Granada Television, eventually appearing as barmaid Anita Reynolds in 1970 in six episodes of the long-running soap opera Coronation Street..In 1969 she and her husband appeared in the play How the Other Half Loves; when in the autumn of 1970 the play moved to London, the couple also moved there..
彼女はまた、ラジオリーズ、グラナダテレビで不定期の部分を持って, 最終的にバーのホステスアニタ・レイノルズとして現れます 1970 長時間実行メロドラマコロネーション・ストリートの6のエピソードで.. で 1969 他の半分は愛しどのように彼女と彼女の夫は、劇中で登場しました; 時の秋に 1970 演劇はロンドンに移動しました, カップルはまた、そこに移動しました.. ロンドンで彼女の最初のテレビの役割は、Z-車の2部構成の話にありました..
So. how’s the barmaid?
あのバーテンダーはどう?
A very old local lady slowly came in and the barmaid warmly welcomed her.
とても都市を取った地元の老婦人が入店して、バーメイドは彼女を暖かく迎えました。
The barmaid said it made more sense and registered it twice.
バーメイドはならばこうしたほうがいいと言ってそれを2度レジスターで打ちました。
So, how’s the barmaid?
女たちは自分自身が 用心棒
The barmaid had trouble with the cash register and beer pumps, and quite a few people were waiting for beer or to pay, I took advantage of this hiccup and was able to paint people easily.
バーメイドはレジスターとビールをくみ上げるポンプの不調をかかえ、少なからずの客を支払とビールのために待たせていました。 私はこの支障を逆手に取り人々をやすやすと描くことができました。
Excuse me, barmaid.
“俺はこんな息子を 注文した覚えはないぞ”

人気急上昇中英単語一覧

最新投稿英単語一覧